記事一覧

桜始開

皇紀2677丁酉年2月28日平成29丁酉年3月25日仲 春・春 分・桜始開どうも(^^)/いつもご覧いただきありがとうございます!西暦3月25日から3月29日まで七十二候(第11候)では「桜始開(さくらはじめてひらく)」で「桜が咲きはじめる時期」とされています。家の庭、盆栽の桜の蕾も膨らみ始めました。...

続きを読む

徒然草・第56段…久しく隔りて逢ひたる人の

皇紀2677丁酉年2月28日平成29丁酉年3月25日仲 春・春 分・桜始開※この記事は過去に更新したものです。 記事の内容は当時のママです。この段は、他人との交際についての批評が論じられている。これについて多少なりとも自覚的に行うものにとっては、いちいち頷ける内容になっているであろう。羞恥心の欠如・無遠慮・粗野な自己主張など、わが身を振り返らされる段となっている。【本文】 久しく隔(へだた)りて逢ひたる人の、...

続きを読む

MRTM

皇紀2677丁酉年2月27日平成29丁酉年3月24日仲 春・春 分・雀始巣まいどぉ(^^)/いつもご覧いただきありがとうございます!籠池のおっちゃん、がんばれ~!!!...

続きを読む

伊勢物語・第79段…千尋ある影を

皇紀2677丁酉年2月27日平成29丁酉年3月24日仲 春・春 分・雀始巣在原氏が不遇の時代、新しい皇子が誕生した。その皇子に一族の繁栄を託す気持ちを詠んだ歌物語。【本文】昔、氏(うぢ)のなかに親王(みこ)うまれ給へりけり。御産屋(うぶや)に人々歌よみけり。御祖父(おほぢ)がたなりける翁のよめる、 わが門(かど)に 千尋(ちひろ)ある影を うゑつれば 夏冬(なつふゆ)たれか 隠れざるべきこれは貞数(さだかず)...

続きを読む

徒然草・第55段…家の作りやうは

皇紀2677丁酉年2月25日平成29丁酉年3月22日仲 春・春 分・雀始巣※この記事は過去に更新したものです。 記事の内容は当時のママです。この段は、風情のあるなしではなく、住みやすさや便・不便といった生活面から住居について述べている。コンクリートに囲まれた密閉空間で、暑い暑いと言って、冷房に頼る生活よりも、日本人が昔から過ごしてきた「家」あるいは「建物」というものを見直す一助にしたい段であると思う。【本文】...

続きを読む